読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴎の忘備録

エッセイとか・・・日記とか・・・・

「ダウントン・アビー」とウッドハウス

ドラマ 日記

「『ダウントン・アビー』を観るべきだよ。」

 

と、知り合いから勧められた。

 

というのは、もう2年くらい前の話なのだが・・・

 

わたしは、連続ドラマが苦手で、アメドラでも、一話完結ものが好き。

「次回も見なくちゃ」的な強迫観念を持ってしまうからかもしれない・・・

 

だから、「ダウントン・アビー」もおススメされてから、いよいよもって観始めるまで、こんなに月日がたってしまった。

 

このたび、CSで一挙放送になったため、強迫観念を持ちたくない自分でも、マラソン放送なら大丈夫。一日テレビの前に座っていればいいだけだから。

 

それで・・・

 

面白かったです。(一挙放送は、毎週日曜なので、まだシーズン2なんですが)

 

主人公の長女メアリーは、しっかりしているのかしていないのか、男っぽいのかまさに「女!」なのかよくわからないけれど、強くて賢いし・・・

 

次女は影がうすいけれど、なんて酷いことするの!お姉さんに!というようなことまでやってしまう事件を起こすし・・・

 

三女は、とっても可愛らしくてやっぱり末っ子なのね・・と思っていたら、『現代の女性』に向かっていく英国の歴史!みたいな行動派だし・・・

 

お母様の「若草物語みたいに育つかと思っていたのに、喧嘩ばっかり・・・」

という言葉が印象に残っていたりして・・・

 

そして、使用人の皆様たちが個性的で素晴らしい。

アンナが賢くて落ち着いていて素敵だなあ・・・と、今のところ思っていて・・

カーソン執事も執事らしい(私の思うところの)風格があって・・・

 

トーマスが最低だったり(笑)

 

そんなダウントン・アビーを観ながら思い出したのが、ウッドハウスという作家。

 

私はウッドハウスの作品が大好きで、なかでも「ジーブスシリーズ」が好きで。

 

「お嬢様はアホでございますか?」という例のドラマのイギリス版という感じのストーリーでございます。

 

ウースターがまったくもって、執事ジーブス抜きでは生活できないお坊ちゃんで、そこからくるドタバタ劇の『ジーブスシリーズ』(文庫本で発売されているので、ぜひ読んでほしい)

 

イギリスでは、ヒュー・ローリー(「ドクターハウス」でお馴染みの)主演でドラマ化されてもいるのだが、その「『ジーブスシリーズ』のドタバタ劇」と、「『ダウントン・アビー』の重厚なドラマ」とが、、まったく同じ「素材」を使った物語であるというところが、ものすごく面白い。

 

登場する「いとこ」や「おばさま」、「おともだち」も、ダウントン・アビーの世界と一緒なのに、どこをどうやったらここまで「ギャグ」になるのか・・・という対比。

 

ウッドハウスが大好きなので、その比較をしながら「ダウントン・アビー」を観るのもまた楽しかったというお話でした。

 

今週の、日曜日のマラソン放送も観る予定(休日、一歩も外に出られませんね(笑))

 

 

 

近所の神様

日記 エッセイ

 「近所の神様」

1月、鏡開きも美味しく楽しく済み、お正月の

行事は「どんど焼き」で日常にもどる。


毎年のことなので何となく分かってはいるものの

やはりパソコンで神社の「どんど焼き」の日時を

調べていまう。


そういえば何かで読んだパワースポットの記事。

北海道神宮」が載っていた。

我が家からはそう遠くない距離。

今年の「どんど焼き」は「北海道神宮」に行こう。


冬を除いては、素晴らしい環境にあるこの神宮。

桜の季節、紅葉の季節、さらには緑いっぱいの空気が

欲しくなった時、何度も訪れている場所である。

その分、冬はとにかく寒い|


先ずは身支度から・・・

キルティングで裏うちされたスキーウェアを着込み、

毛糸の帽子を目深にかぶり、マスクまでして出掛けた。

 

出掛けてみて驚いた。

外国からの観光客の方。

遠近かかわらず皆さんの軽やかな服装、軽やかな足取り。


その中に混じって自分の格好は少しばかり異質・・・


神社の境内は大勢の人で賑わっていた。

 


大きく揚がる”どんどの火”に手をかざし去年を感謝し、

今年の健康を願い、帰路についた。

 

その日の夜の事である。

普段はあまり気にもかけない和室の壁がその夜に限って

目の前に広がって見えた。


そこには、いつも俳句の短尺が掛けてある。


目を凝らして見る。


飾りピンに掛けてあったお正月の「輪注連」が・・・

先ほどの「どんど焼き」に持って行くのを忘れてしまったのだ。


全部の部屋を見て集めたはずなのに、一輪だけ残っていた。


これはどうしたものか。

愕然としながら考えた。


そうだ|

去年お参りした近所の神社。

いそいでパソコンで{どんど焼き」の日を調べた。

なんと|||

15日である。


近所の神様ありがとう|||


待っていてくれました!!

 

次の日、もちろんご近所の神社に参拝した。

 

神様に手を合わせながら、去年あった色々な出来事を

お友達に話すように報告し、有難うを何度も繰り返した。


もちろん、今年のお願いもした。


神様はお願いをするところではない、という人もいる。

でもやっぱり、神様にはお願いをしてしまうのだった。


 

今年もどうぞよろしく

日記

あけましおめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

大変遅くなりました。

 

今年も皆様のブログを拝見させていただくのを

楽しみにいたしております。

 

こちらは、相変わらずの寒さです。

雪は多く、まるで「カマクラ」の中で生活しているようです(~~)

皆様どうぞ良いお年を♪

日記

今年もこの拙いブログで仲良くしていただき心より御礼申し上げます。

来年もどうぞ良しくお願い申し上げます。

 

皆様どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

 

 

豪雪

日記 エッセイ

 「豪雪」

今年は冬が早く訪れたと嘆いていたが、それどころか

雪の多さはなんと説明したらよいものやら・・・


50年ぶりの豪雪といっても、この雪の降り方は

見ているだけで恐ろしい。

 


出掛ける時は先ず玄関前の雪掻きから始まる。

さほどの距離があるわけでもない玄関から道路までの

雪掻きで一汗をかく。


道路に出ても、除雪車の入っていないときは雪の中を

足で漕ぎながら歩く。

 

泣きたくなる。

本当に・・・

 


今日はやっと晴れた。

今度は屋根からの落雪に心が凍る思いをする。

 


写真は、家の中から撮った狭い我が家の庭である。

すっぽりと雪で隠れてしまった松の木が重そうで可哀そうになる。


雪掻きで、すでにぎっくり腰になった足腰を

騙しながら動かす毎日である。

 

f:id:ukamome:20161224113333j:plain

 

「木曜日のフルット」

読書 日記 漫画

何年か前のこと。

 

北海道新聞の書評「今年のベスト3」のコーナーで、(記憶が曖昧なのでベスト5だったかも)、東直己氏がこの本をすすめていた。

 

木曜日のフルット石黒正数 作(秋田書店

 

一話が2ページというショートショート漫画で、主人公はフリーターの鯨井早菜・・・・と、彼女の下宿の部屋にいたりいなかったりする半野良のフルット。

その鯨井早菜(作中では鯨井先輩と呼ばれることが多い)とフルットを中心に描かれるゆる~い日常の物語である。

 

東直己氏といえば、代表作ススキノ探偵シリーズ『探偵はbarにいる』の作者として、ご存知の方も多いと思う。

東氏は、北海道新聞でのその書評に、他の普通の(漫画ではないという意味)図書と同じカテゴリーに、この「木曜日のフルット」をいれていた。

 

鯨井先輩の「フリーターであることをあせっているのに、やっぱりのんびり過ごしてしまう性格」や、半野良フルットの「ボス猫デンへの終わることなき戦い」や、カラスのマリアとの「はんぺん争奪戦」などがつらつら語られるこの漫画を、

 

「枕元に置いて、一生少しずつ読みたい」(うろ覚えなのでニュアンスです)

 

と、評した東氏。

 

東直己さんにそこまで言わしめるこの「木曜日のフルット」は、どんな作品だろう・・・・

 

そう思って、書店で手にとったのが始まりだ。

 

そして、ゆったりと更新される(なんといっても一作2ページだから)この作品を、ゆったりとそろえて5巻目になった。

 

鯨井先輩と仲間たちが住む下宿。

締切とネタに苦しむ漫画家の白井先生も、オレオレ詐欺の電話に「オレオレ詐欺でもやって稼ぎな!」と一括する大家のおばさんも、料理がおそろしく下手くそな後輩の整体師のりこも・・・

いつの間にか、旧知の友人のように思えてくる。

 

きっと、私の枕元にもずっと置きっぱなしになりそうな・・・

そんな「木曜日のフルット」なのだ。

 

 

この本を紹介してくれた東直己氏にも感謝している。

「体感季節」

日記 エッセイ

 「体感季節」

日記といってもメモ程度のものではあるが、

ほぼ毎日記録している。

 

先日、11月と記すところを12月と書いてしまった。

10月にも一度間違えて11月、と書いてしまった。


まだまだ・・・・

と思っていたが大丈夫だろうか?自分・・・

心配になって無理やり理由を考えてみた。

 

 

今年の10月はかなり気温の低い日が続き

ストーブを焚く日が多かった。


11月に入ると、早や根雪!!!かと思うほどの

雪と低温の日が続いた。

ほとんど、12月の気候そのものであった。


身体は10月を11月、11月を12月と感じてしまった

のではなかろうか。

 


北国の秋は短い。

だからこそ、侘しさを増して行く日々の中で

冬へ向かう身体と心の準備がたいせつなのである。


夏から一足飛びの冬に、身体がそう感じてしまった

のだろう。

 


そんな言い訳をしながらも、毎日メモ的日記をつけている。