読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴎の忘備録

エッセイとか・・・日記とか・・・・

「夢中ビオロン協奏曲」   vol.3


「夢中ビオロン協奏曲」   vol.3
 
 
 
 「何かお探しですか」
 
 声を掛けられて振り向くと、眼鏡をかけた青年が立っていた。
 
やせて神経質そうな青年からは、まだ学生の雰囲気が漂っている。
 
探し物を告げると、青年は首を傾げ考える風をした。
 
 「僕ではわかりませんので母に聞いてきましょう。僕は普段は
 
札幌に住んでいて、週末にこちらに帰ってくるのです。
母は今、二階でレコードを聴いています」
 
 
 そう言い残し青年は奥へ消えていった。
言われてみると、なるほど、いつのまにやら、音楽が流れている。
 
だれの作品なのかはわからないが、おそらくロマン派後期の
ヴァイオリンコンチェルト。
 
 「これは母が作曲したものです」
 
 突然目の前に女性が現れた。
女性は、海辺の漁師村には似つかわしくなく、髪を肩口で
きちんとカールし、念入りに化粧をした顔で立っていた。
 
 
目鼻だちのはっきりした顔に、赤いチエックのスーツが
華やかさを増していた。
 
 「母です」
 
先ほどの眼鏡の青年が紹介する。
 
なかなかに出来た曲だと挨拶すると、女性は大まじめに頷き、
店の隅の小ぶりなソファに座るようすすめてくれた。

                     vol.3  seagull.t