読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴎の忘備録

エッセイとか・・・日記とか・・・・

 「夢中ビオロン協奏曲」 vol.5


  「夢中ビオロン協奏曲」 vol.5
 
 
 バックが学生オケというのは納得がいく。
弦奏は不揃いだし、管は時々妙な音を出す。
 しかし、独奏がスターンというのは・・・
 
 曲は、ヴィエニアフスキとブルッフが混だくしたような調子で、
照れくさくなるほどロマンチックだった。
 
よく聴くと、しつこいくらいに旋律が重なりあっている。
和音の響きだって、少しばかりわざとらしい。
 
 が、ふっとソリストの旋律に、あのアイザック・スターン
独特の枯れた引きずるようなルバートを感じた。
 
思わず顔を上げると、女性が、にゃっと笑った。
 
そうらごらんなさい、とでもいうように。

 
 
 夢はそこで途切れた。
 
遠くで除雪車の雪をかく音が、地面を這うようにひびいている。
行きつ戻りつ除雪車はさらに遠のいてゆく。
そのリズムに、いつもとは違う心地よさを覚えながら、
ぼんやりと聴いていた。
 
 
 目を覚まし、なんとかしてスターンの弾いていたあの曲の、
ワンフレーズでも思い出そうとしたのだが、駄目だった。

 
 後日、テレビで海にまつわる演歌の特別番組を観た。
 
ガラスの浮き玉を買い忘れていたのに気がついたのは、
その時だった。
 
              seagull.t