読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鴎の忘備録

エッセイとか・・・日記とか・・・・

「雨のうた」  vol.3

エッセイ  

   「雨のうた」 vol.3

それでは、雨に似合う作曲家って誰だろう。

嵐ではなく、雨に。

ブラームスのヴァイオリンソナタに、「雨のうた」

と呼ばれる曲があったっけ。

一番の三楽章だったろうか。

ピアノとヴァイオリンの優雅な掛け合いは

そう、確かに静かな雨の日を思い出させる。


でも待って、。

若いころのブラームスならいざしらず、

あまりに有名な、あのサンタクロース然とした

風貌はロマンティックとは少し違う。


しかも、聞いた話では、ブラームスソナタ

演奏者サイドにとっては体力勝負の難曲、

優雅という文字からは、かけ離れたものらしい。


やはりノクターンを作曲した「ピアノの詩人」

フレデリック・ショパンこそが、雨の似合う

作曲家なのだろうか。


それではあまりに芸がない。

 

   vol.3  seagull.t